こびとのおうちえん
たびだち
2017年3月27日
たびだちの日を迎えた。
うん。みんないい顔している。
どの子もおおきくなった。
たくさん自分を育てていった。
今日が、ゴールではないけど、過程にすぎないけど。
それでも、ここでつかんでゆくものが、確かにあることを感じてる。
ここではないどこかでも、きっとそれは、ありつづける。
ここが始まった時、まだ、おなかにいた子が卒園だ。
そうかぁ。
澄み渡ったみたいな気持ちだよ。
凛としてるみんなを前に。
ありがたいうれしいことばを、卒園の親御さんから頂いた。
感じてもらっていた気持ちを丁寧に伝えていただいた。
ただただ、ここに集うすべての人にありがとう。
ほんとに、いたらない自分で情けないこともいっぱいある。
それでも、ここで、自分を注ぎ続けていくと思います。
たびだちの会が終わって、外に出ると、うららが、近づいてきた。
「てらこやに行くことに決めたよ。」
!!
でしょ!
なんとも、嬉しい決心だ。
しっかり悩みながらいた時間も重い。
帰りがけ、そうすけが、「今度は、そうすけが、年長になる。」と、言った。
もうはじまっている。
かなむにお手紙をもらった。スタッフ全員に書いてきていた。
晴々した気持ちで、おわりをして、おうちに帰ってから、手紙を読んで、さめざめと泣いた。
ああ、旅立ったんだな。が、じわじわとやってきた。
「わらったよっこがすき」

卒園生5人。うらら、しょうのすけ、かなむ、いちご、まさむね、おめでとう。いってらっしゃい。
それから。
二年半おうちえんスタッフとしていっしょに過ごしてくれたじゅん。ありがとう。

これからもよろしく。

by  よっこ

ページアップ