こびとのおうちえん
8年めの「おはよう」〜はじまりの会〜
2017年4月4日
ポカポカ陽気の気持ちいい朝。
きょうから、おうちえん8年目がスタートする。
新メンバーは、年少こうた、みと、いぶき、ひさとの4名。
そして、新スタッフ ひかるが加わった。
さあ、どんな一年になるだろう。
またまた、はじまった。
はじまりの会は外で。70名の大所帯。
歌って、メンバーの紹介して、今日やりたいことを聞く。
「けいどろ!」「山の神様にごあいさつしにいく」「長縄跳び」
いつものように始まる。
朝来た時から、ほぐれたえがおのつむぎ。
こんな大勢の前で、お話したいと声を上げしゃべった。
一年前、声を発するまで、とっても、ゆっくり時間をかけて、慣れていったつむぎを思い出して、感動していた。
とても、おだやかで、のんびりして、お父さん、お母さん方も、過ごされてた。
恒例のみんなでお餅つきも、楽しかったな。
おいしくできてた。
卒園した子たちもたくさんで、うれしい。
おもちつきのときは、小さい子たちをお世話してるのは、そら(てらこや小4)、おもちをみんなにふるまうところには、あかり(てらこや小3)。座るところの板を運ぶのは、ゆうと(小5)、りんたろう(てらこや小5)。
歌ってるときには、卒園したばかりのいちご、まさむね(小1)の大きな声が響いてる。
心強かった。
午後も、おさんぽしたり、水の掛け合いっこしたり、川に裸足で入ったり。大人同士は、お話したり、と、和やかだった。

いいスタートが切れた。
明日からは、普段の一日がはじまる。
楽しみだ。

by  よっこ

ページアップ