こびとのおうちえん
えだまめ
2018年10月17日
今日、わたしのやりたいことは、おうちえんの玄関前に土を入れて、平らにすること。と、食べごろになった枝豆を取って、湯がいて、おやつにすること。
おうちえんの玄関前は、おままごとしてるうちに、すぐにぼこぼこになっちゃう。
だから、ときどき、川にたまった砂を運んでくる。
土運びを一緒にやりたいと、いちだい、つばめが。
ふたりとも、はりきってる。
よくやっているので、段取りもわかってて、スコップを持ち、さっそうと向かってく。
そこに、あらたの父Мさんが、やってきて、土運ぶの手伝いましょうか。と、声をかけてくれた。
うれしい。助かるよ〜。水を含んだ砂は、ほんと、重いから。
おかげで、いつもより、たくさんの土を運んでもらった。
いちだいも、何往復もして運んでる。
また、声かけてくれたら、いつでも、手伝いますよ。と、言ってもらって、また、うれしかった。
いちだい、つばめが、均して、きれいにして、いつもより早く作業も終わった。
二人とも、ずっと、楽しそうにお仕事してた。満足そう。
ありがとう!
さてと、じゃ、今度は、枝豆の収穫。続けて、つばめが、やりたいと。
つばめと、枝豆を取りに行って、つばめが、手にいっぱいの枝豆を下げてお庭に戻る。
それから、枝豆を、もぐ作業。
近くにいた、あらた、いつき、ちさらも、お手伝い。
たくさんの枝豆をもいで、午前中は、終了。
お昼から、焚火して、湯がく。
つばめ、りょうすけ、るい、みと。
りょうすけが、マッチで火をつける。
やってみる?と聞いたら、最初は、怖がってたけど、やり方を教えたら、上手につけられた。
火が消えないように、みんなで、葉っぱや、木の枝を運んできて、うちわでパタパタして、終始楽しそうに盛り上がってた。
ゆでたての枝豆は、最高においしかった。豆自体の味が濃い。
枝豆は、今だけのお楽しみ。
つばめが、「今日は、一日仕事した〜。」
こんなのが好きだよね、つばめ。わたしも、一緒にできてうれしかった。

by  よっこ

ページアップ