こびとのおうちえん
たけのこほり
2019年4月12日
いっぱい掘れた
いっぱい掘れた
タケノコ掘りに。
なんだかみんな、はりきってる。
あつおさんに掘り方をまずはならう。
そして、それぞれが見つけた竹のこを前に、夢中で掘り始めた。
みんな、やる気なのが、気持ちよくて、うれしかった。
一本掘るのに、結構時間もかかる。
でも、真剣に掘ってる。
一本掘ると、また探しては、掘る。
何とも言えない、達成感が、あるんだねとおもう。
初めての子たちは、大人にも手伝ってもらって、そして、嬉しそうに、1箇所に集めてく。
わたしも、途中からは、自分が掘るのに夢中だ。
タケノコ掘りは、いつも楽しい。
こどもたちは、適当に掘ってるんでもなくて、あつおさんが言ったのを、理解していた。(タケノコの根っこがあるところに、ちゃんと、スコップを入れてる。)
こうたは、もう帰ろうの声を聞いても、あと一本。と、ねばってる。
帰り道、ももこが、あこ、みらいの手をひいてやってる姿がかわいかった。
おひるからは、タケノコの皮むき。つばめ、ちさ、が、即戦力。
ちさは、こんなのが好きみたいで、終わるまでずっとやってた。
そして、大きな窯でゆでた。
わたしは、お昼から、みとと、イタドリジャムを作った。
イタドリジャム・・・今までやったことなかった。
この前、てらこやの女子たちが、作って味見させてくれて、それがたいそうおいしかった。
で、わたしも、おとといイタドリとりにみんなと行って、お家でジャムを作ってきたのを、きのう、みんなに味見してもらった。
そしたら、みとが、昨日帰って、お家で作ったのだという。
でも、なんかうまくいかなかったから、「今日、よっことイタドリのジャム作りたい」って。
みとからのリクエスト。うれしい。やりたいことを今。
みとは、タケノコ堀りの帰りに、イタドリを取って帰った。
二人でじっくり、ゆっくり、ジャムを作る時間は、とても、贅沢だった。
なんせ、おうちえん、まだ始まって5日目。いつもだったら、まだ、そんな時間を持つ余裕もない。
それくらい、もうすでに、落ち着いてる日々になってる。
出来たジャムにみとは、うれしそうだった。
お庭では、下から戻ってきた泥だらけのはるだいが、地面にいっぱいまるを描いている。
それから、けんけんぱをしてみと、ちさ、らが跳びはじめる。
ももこが、車を作って、こんどは、近くにいた、はるだい、ちさ、いつき、つばめ、みとで、バスごっこも始まる。
和やかな景色。

by  よっこ

ページアップ