こびとのおうちえん
琴石山 修験コース
2021年3月15日
朝、おにぎりを自分で握って、お弁当箱に詰めて。おかずは、おでん。(だいこん、あつあげ、ちくわ。)
今日は、朝から、霞んでる。車で向かう途中、琴石山は、真っ白の中。
琴石山登山。修験コースに。
このコース、昨秋に、年長メンバーとたけるがチャレンジした。
その時は、看板を見つけて、なんか面白そうだから、行っておいでよ。と、軽い気持ちでおくりだしたのだが。
帰ってきたとき、みんなが、すごく怖かった。あれは、ないわ。。。よっこには、ぜったい無理。と、憔悴しきっていて、しまった。。。ごめん。。。と、後悔したのだった。
そして、今年に入り、あっきーが、行ってみたり、てらこやの子たちが、いってみたりして、おうちえんの子でも行けると思う。と、聞いた。
今度は、自分で確かめてからと思って、休みの日に行ってみた。
そしたら、けっこう、サクサク進んで、おもしろいし、いつもの登山コースを行くよりも、あっという間に着いた印象。
今のおうちえんの子なら、大丈夫。
ただ、年少のあかりには、ちょっとハードルが高いかな。と思ったので、別のルートも歩いて下見しておいた。
さて、そうしての今日。
あかりは、昨日、山は嫌だ。と、大泣きしたらしい。でも、今朝になって、忘れてるようだから、連れてきました。と、母Mちゃん。わたしは、もともと無理させるつもりはなかったから、ゆっくり歩いてくるね。と伝えた。
だがしかし、不思議なことが起こった。
あるき始めた直後から、あかりが、すごくやる気で、前の方を歩き、腕まくりまでしている。
分かれ道で、あかりに、みんなと登るコースか、車道の方を行くコースか選んでもらった。
修験コースは、結構、大変かもしれないことも付け加えた。
だけど、あかりは、迷わずにキリッとして、みんなの行く方を選んだ。
そして、ずっと、たくましく進んでいた。
あこ、あさひは、木の杖を両手に持って、進んでる。登山の人って感じ。楽しそう。
ひろのぶは、今日も、忍者修行しながら、進む。
ろくだいは、既存の道じゃないとこから、上がってく。
東屋で、休憩して、ここから、修験コース。
こどもたち、険しい道を進んでいく。
まあ、慣れてるな。日々、山を駆け回ってるだけあるな。
年少さんたちも、やっぱり3月になれば、一年間の経験がしっかり、身につくんだね。。。
あかりは、あんまり離れずに、最後をたけるとついてきていた。
怖かった場所もあったみたいだけど、やれる、やりたいのあかりだった。
何より、私がびっくりした。
おめでとう〜。
かのんは、ずっと、ベテラン登山家のようだった。一緒にいて心地よい。
頂上についてすぐに、「あっきー、けいどろしよ。」と、誘ってた。これにも、びっくり!
頂上からの景色は、やっぱり、霞んでいた。
でも、気分は、最高〜。
みんな、元気に登った。
登山客の人たちが、修験コースから来たことに驚いていた。
年長メンバーとたけるは、前のとき、少しの間、違う道を通ったことがわかって、そういうことか!。。。だった。
それでも、かおるは、やっぱり、こわかった。と言い、わたしは、そういう素直なままのかおるが、いいなあ。とおもう。

お昼ごはんを食べたら、けいどろで、もりあがってた。元気やなあ〜。
帰りは、いつも通ってくる登山道から、おりた。
森の中で、木やつるに登って遊ぶ。
ももこがつると木の棒で縄跳びの縄を作ってた。
つるで、るい、しおり、ほのかが、なわとびしてた。
おうちごっこしてるちさの声が遠くから聞こえた。
はるだいが、大きな声で、「よっこ〜」と、呼んでる。
十分遊んでも、早い下山だった。

私自身の気持ちとしては、大変な、嫌な、こわかったままの印象で、卒園させたくないなあ。という思いがあったから、みんなで行けて本当に良かった。

あかりのこころが、今日は、とても素直でよくわかった。
ちゃんと、答えがかえってくる。
いける?と聞けば、「うん。」
こわかった?と聞けば、「うん。」
また、来たい?と、聞けば、「行きたくない。」
上等!

あとから、あかりは、母に、今度、案内してあげるといったみたいだ。
そんな心境になったみたい。
母Mちゃんは、後日、「あかりに、ひとつひとつ丁寧に聞いてくれてうれしかった。その時は、あかりが、頑張ったことばかりに気がいっていたけれど、いつも丁寧に関わってくれているんだなあと、改めて思った。」と、伝えてくれた。うれしい。
こちらこそ、当日、あかりをつれてきてくれて、ありがとう。と、いう気持ち。

でも、いまさらながら、何かが、あかりの中で、起こった。それを目の当たりにした日だったな。と、思う。

by  よっこ

ページアップ