半農半菓
意識的に生きる 〜増えるお金と減るお金〜
2009年5月13日
うちのレジ
うちのレジ
店によって違うと思うが、レジの中でたまりやすいお金がある。
うちの場合、10円玉と千円札がそれだ。
うちの店、基本的にレジのお金を合わせないからね。
お札のほうは、毎朝枚数をそろえるけど、
硬貨のほうは、少なくなってれば補充して、
あふれてくれば、減らすようにしてる。

十円玉というのはだいたい増えていく一方で、気がつくと溢れそうになっている。
ところが、
どうせ増えていく確率高いからと、十円玉を減らしすぎると、
かならず十円玉を補充する目にあうのだ。
「すみません、十円玉がなくなったので、両替してください」とスタッフからお呼びがかかる。
確率論からいえば、九割以上の確率で10円玉は増えていく傾向にあるのだが、
残りが少ないときに限って、なぜか9割以上の確率で10円玉が足らなくなる。
これは千円札も同じことが起こる。
この10年、観察してきて、ほぼ間違いない現象。
実になんてことない現象なんだけど、ここから導き出される仮説がある。
それは
「十分にある」という意識が十分にある状態を創り、
「足りなくなるかも、少ない」という恐れが足りない状況を創っている可能性がある
ということ。

もしそうだとしたら、
10円玉じゃなくって、
一万円札にこの法則を応用してみたくならない?
当然、僕はそうしてる。
財布や引出しなど、いつも多めに現金を持って置くようにして、
そこのお金を使い切ったとしても、いくらでも補充がきくようにしてる。
どこから補充するのかって?
世の中から(^^)
僕の机の引出しにあるお金は限られてても、
世の中には、無限にお金があふれてる。
必要な時に必要なだけ、僕の財布に引き下ろされるようになっている。
ただし、この無限の銀行口座には暗証番号がいるけどね。
暗証番号は
「十分にある」という意識。

そうはいっても、その「十分にある」という意識になれない、という人は、
なにか、「それを持っていたらお金が入る」とか自分の信じれるグッズを使うのも手かもしれない。

一億円札だったか、一京円札だったか、数字を印刷したお札のグッズをつくってて、
それを財布の中にいれてると、お金が入ってくるとか言ってる人もいる。
いろんなところで講演してるKさんだ。
僕の知り合いも何人か、財布の中に入れてる。
僕自身それにはまったく興味はないが、
たしかに一理あるとは思ってる。
その人がK氏のいうことを疑わず信じている度合いによっては、
「私はお金持ちだ」「これでお金がはいってくる」と意識の深いところで、純粋に意識の力が働くからだ。

まあ、つまりは、それはK氏の一億円札である必要はなく、
紙切れに自分で書いたものでもいいし、別の何か信じれるものでもいい。
もちろんたくさんの現金でもいいけど、財布がかさばるからね。
だけど実は、「私はお金を必要なだけ十分持っている」という意識をもってれば、
グッズも現金も必要ない。

まあ、これを読んで、信じる信じないは本人次第。
うちの場合はだからかどうか、今まで10年店の運営も家計のやりくりも困ったことはない。

お金って、おもしろいね。

ページアップ