半農半菓
カオルカンパツノル
2022年5月13日
日々、目や耳に入ってくるウクライナやロシアの報道の中で、
自分にできることは、自分のまわりに平和な在り方を創ることだなと、
自分に言い聞かせながら過ごすこの頃でした。

その中で、昨日徳島のTOEC代表の伊勢さんから、こんなメールが届いたのでシェアします。
心が動いた方は、ぜひ。


≪緊急なお知らせ≫

ウクライナの方々へ支援を カオルカンパツノル



以下の内容の通り、ウクライナにて戦況を生命がけでレポートしている

友人・カオル君(kaoru Ng)の活動サポートとカオル君を通じてのウクライナの方々

へ支援としてカンパを募ります。一口1,000円・何口でも結構です。



関心を広げるためにもできるだけたくさんの方から集めたいと思いますので、お声がけください。

また、多くの方にこの情報を拡散していただけるようお願いします。今後、カオル君は、

より危険なところへ取材に入る予定です。5月27日を一応の締め切りとしていますが、

事態は一刻を争います。したがって、締め切りを待たず、集まり次第、順次

ペイパルという方法で、カオル君に直接送金しますので、急ぎカンパをお願いします。



カンパされた方は、合わせてお名前とメールアドレスをお知らせください。

カオル君からの情報をお知らせします。カオル君のHP、フェイスブックと合わせてご覧ください。

「カオルカンパ カンパツノル」では、引き続き呼びかけ人を募集しています。

お引き受けくださる方は、紹介用肩書と共にお知らせ下さい。                          

                      伊勢達郎





====================





カオル・カンパ
カンパ・ツノル

収束の気配さえ見えないロシアのウクライナ侵略戦争。
何かできないかと思いつつ、何もできないモドカシサ
を感じている人も多いのではないでしょうか。

発起人の私たちもそんな気持ちを持て余していました。
そんな中、私たちの友人であるカオル(Kaoru Ng)君
が、ウクライナに入り、日々現地からの貴重な情報を

世界に発信し続けてくれています。

せめてカオル君をサポートできないか。そしてそれに
よって、正しい情報を世界に届ける支援をできないか。
そう考えて「カオル・カンパ」を募ります。ウクライ
ナ現地で活動するカオル君がより動きややすく、そし
て多くのナマの情報を届けられるために。

●カオル君について。
Kaoru Ng(amnesty HPより)
インペリアル・カレッジ・ロンドン遺伝子情報学系修

士修了。理学の道を進んできたが、2019年の香港民主

化活動を機に、ジャーナリズムにふれ、フォトジャー

ナリストとして活動開始。日本でも香港写真展などを

過去に開催。 2020年、ベラルーシの首都ミンスクに

滞在し、香港に酷似したベラルーシ民主化活動を取材。

その後もベラルーシ人と交流を続け、旧ソ連の知識を

深めてきた。2021年末、悪化する香港のメディア事情

を受けロンドンに移住。 2022年2月18日キエフ入り。
https://www.facebook.com/Kurekaoru

●ウクライナでの活動。
2月18日にウクライナ・キーフ(キエフ)入りしてから、

すでに2ヶ月以上が経過している。その間、主に日本の

テレビ局に向けて、現地から映像を交えたレポートを行

なっている。また、Gettyなどのフォトエージェンシー

に写真を提供しつつ、個人のFacebookでも随時ウクラ

イナの現状を世界に送り続けている。

香港人として海外から多くの支援を受けたことに対して、

今回は自らが「世界のために行動したかった」という。

「怖いなんて言っていられない。戦争の醜さを伝えるた

めに」ジャーナリストもあまり入っていないウクライナ

東部入りを目指している。

●カンパの活用について。
いただいたカンパは、ウクライナで活動するカオル君に

の口座にPayPalを通して直接振り込みます。間接費はほ

とんどかからないため、ほぼ全額がカオル君に届くこと

になります。そしてそれは、ウクライナでのカオル君の

活動費に当てられます。移動費はもちろん、もしかする

と戦地で困窮する現地の人たちに直接使われるかも知れ

ません。そこはカオル君を信頼して、彼に全てを委ねる

つもりです。少なくとも「戦費」に使われることはあり

ません。

●カオル君とのつながり。
2020年2月、当時、香港の民主化運動を現地で積極的に

取材していたジャーナリスト今井一氏の紹介で、フォト

ジャーナリストで通訳のKaoru氏を徳島に招き、香港報

告会を徳島県阿南市のフリースクール・トエックにて開

催。彼は徳島の藍染や祖谷が好きで、それまでも何度か

徳島を訪れている。中国の習近平政権による民主勢力の

一方的排除により、やむなくイギリスへ移住。その後は

彼が発信するSNSを通じて、徳島からの応援を続けてい

る。

●カオル君の活動報告
希望される方には、ウクライナでのカオル君の活動報告

をメールにて送ります。また彼が日本に来た時には、報

告会等の開催も考えていますので、それらの情報も合わ

せてお知らせします。

●カンパ振込先

阿波銀行 かちどき橋支店 普通口座 0634785 

名義:TOEC伊勢達郎(トエックイセタツロウ)


●カオル・カンパ発起人
伊勢達郎(自然スクール・トエック代表)、住友達也

(とくし丸取締役)、宮信也(般若院住職)、姫野

英子(薬剤師)、臣永洋子(主婦)、大谷明澄(建築

業)、林広(一般社団法人 藍産業振興協会・代表理事)

関景子(トエックペアレンツ)



問合先

Kaoruカンパの会
〒774-0043
阿南市柳島町高川原6
tel.080-6287-9271

ページアップ