地球子舎(てらこや)
たけのこ掘り
2017年4月15日
子どもたちは旅に行きたいと何か月か前から計画してる。
どうも関西まで行きたいらしい。
お金がいる。
どうやってつくるか、という話になって、
フリマに出店したり、親たちの話し合いに食事を作ったりして、ここ数か月幾度かお金を稼いできた。
けどみんなで行くとなると、まだまだ足りない。

「タケノコ、売れるらしいぞ」
僕の提案に乗ってきた。

農協に聞きに行く。

子どもたちがアポとって、聴いて、メモして。
僕はただの運転手。
となりの産直売り場でも、直接売れると聞いて、さっそく市場リサーチ。

「おお、これが500円!」
これなら俺らでも売れるんじゃないん?
子どもらの目がきらりと輝き始めるのがわかる。
火がついてきたみたい。
ワクワクスイッチが入った顔!

さっそく袋を用意して、女の子たちがポスターやしおりをつくる。
売り物にするためにいつもの10倍くらいの念入りさで丁寧に掘り上げてる。

サービスのぬかを小袋に詰めたり。
手分けして、きれいに袋詰め。

部屋の中が、活気に満ちている!
今日一日の子どもたちの団結力と勢いといったら、すごかった。

そして翌日いざ売り場へ。
朝8時に売り場に並べて、
10時ごろ、みんなで様子を見に行った。
ドキドキだ。
おそるおそる覗くと、
けっこう売れてる、売れてる。(^^)
みんなのうれしそうな顔といったら。


ほかの人達がだしてるタケノコもたくさん並んでた。
その中で自分たちのを買ってもらうために、おうめとそらが交代で、お客さんに売り込んでる。


なかなか度胸あるね。
一生懸命てらこやの説明、旅のこと、たけのこのこと説明してる。
2人も買ってくれた。
そっけないおばさんもいたり。
いろんな大人がいることも知れてよかったね。

午後3時、売れ行きはどうか、僕が見に行った。
一本残して、ほぼ完売!
その一本も持って帰ったら、おうちえんの母Tさんが買ってくれて、正真正銘の完売!

おめでとう!!
3870円!
自分たちで調べて、掘って、包んで、売って、・・・。
なかなかいい経験だったね。
見てるこっちがうれしくなるほど、充実した一日。
さあ、この勢いははたして続くのか、明日以降を注視。

by あつお

ページアップ